これで完璧!不動産売却の基礎知識

不動産売却は善は急げ

不動産の売却を考えた場合、できるだけ早く行動することが大事だと思います。
筆者の周囲で次のようなことがあったからです。
筆者の祖父は海沿いにリゾートマンションを所有していました。数分で海岸に行けるので、用途を考えると立地はよかったと思います。築40年は超える古いマンションでしたが、周辺はサーファーでにぎわっておりましたし、その当時はそれなりに需要があると思われました。売却しないかという誘いもあったのです。
しかしこの話に祖父が乗ろうとしたところ、息子である伯父の反対にあいました。それで結果的にしばらく放置することになってしまいました。それからまもなくして東日本大震災が起こりました。幸い建物は高台にあったので津波にはあわずにすみました。しかし地震によって、給水塔など設備にかなりの被害を受けました。それに伴って、もちろん資産価値もかなり下落し、とてもじゃないけれど売れる物件ではなくなってしまいました。
この物件はそのままの状態で今に至ります。
祖父は今でもあのときに伯父を押し切って売却しなかったことを後悔しているようです。
人生何が起こるかわかりません。ようするに、不動産の売却も、思い立ったらその日が吉日なのだ、ということです。思い切って行動してしまったほうが後悔をする可能性は少なくなると思います。

 

賃貸より売却を!